スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の心身症

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが
次男は小学校3年から2年半
学校でのある事が原因で突然心因性のおう吐と戦う事になりました。

それでも保健室の先生に協力して頂き
何とか少しづつですが、学校へ行く事が出来ていました。

でも・・・

この四月に次男の環境は一変しました。

突然の保健室の先生の転任。

そして今度の先生は保健室を閉じました。

もちろん、それについては賛否両論のある中

長所も短所もあります。


只、次男は突然の環境の変化に体調くずし

新学期が始まって間も無く1ヶ月ほど行けなくなりました。


そんな時、去年から残って下さった非常勤の養護の先生が
何とか次男の居場所を作って下さり
又少しづつ行ける様になりました。

でも、そうするには大変なご苦労があったようでした。

2学期になるとその先生も体調を崩され
とうとう退職される事となりました。


その間、本当に何度も学校の管理職、新しく来た
保健室の先生とも話し合いました。

でも、又次男は体調を崩してしまい
食事も喉に通らない程にまでなってしまいました。


そして1週間前、このままでは!と久しぶりに次男のかかり付け医
日本で小児心身医療立ち上げられた先生の元に走りました。

今年4月から学校であった全ての事を
レポートにして。

「お母さん、これは学校に行かしたらあかんで!」


それが医師の第一声でした。
医師は言いました。

「お母さん、僕の方針は知ってるね。出来るだけ学校と折り合いを付けて、学校に行くよう勧めると。でも、ここはあかん! 」

と。そして

「僕はここで色んなケースを見ているけど、2年に一回ほど、僕から行くなという学校が現れる。まさに此処がその学校や。」

勿論、私も今の状況では次男が行けるすべが無い事もわかっていました。

でも、次男は転校を望まなかったので、何とか今日までやってきました。


心の病に環境の変化は、時に大変な負担になります。

それも、どんどんと受け入れを拒否していく変化ではまさに無理な話です。


今回医師の言葉を聞いて、随分すっきりしました。


そして、医師には教育委員会に話す事も勧められました。

この先、次男をこの学校へ復帰させる目的ではありません。


そして数日前、ふと6年ほど前に貰っていた水谷先生(夜回り先生)のメルアドに
目が止りました。

さすがにもう変っているだろうと思いながらも、思い切ってメールしてみました。


なんと15分ほどで先生から返信のメールが!


まだ、こうやって全てのメールに目を通し頑張って下さっているのだと
胸の熱くなる思いでした。

内容はほぼ医師と同意見でした。
それよりも厳しかったかもしれません。


暫くは自宅で体調を戻す為、見守っていきます。


そして、もう一仕事。


私は教育委員会に行ってこようと思っています。


この先、悲しい子供が一人でも少なくなるように。





スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

コメント

こんばんは。

 我が家の息子も学校には行けていません。それでも学校に問題があるとか、いじめがあるとかの問題ではなくて、我が家の場合は、息子に問題があるようなので、時間がかかるかもしれません。
 次男君はまだ小さい分、学校側の対応一つで、どうにも転んでしまいますよね。。。

 そよ風さん、大変だと思いますが、お子さんを守れるのは、親だけですよね。
 次男君のために、頑張ってください!応援しています。

 もしそよ風さんの時間があれば、またお会いしてお話ししたいと思っています。

No title

教育現場もいろんな所がありますね。
最大限子ども達の成長を支援するところが
教育機関だと思います。
息子さんはもちろん、学校も
いい方向に進みますように。

教育機関。

「世のなかこれでっせ!」の写真の中から明るい風を送ってくれる次男君。
どうして「学校」は次男君の柔らかく明るい心を閉じこめてしまう場所になってしまうのでしょう。
心も身体も一日も早く快復されることを祈っています。
そよ風さんも頑張りすぎないように、お身体と心をすり減らさないように。(o^^o)
今はゆっくりと次男君の傍で笑顔で居て下さい。(*^-^)ノ

ご無沙汰です!

久しぶりに覗いてみました。
なんか 胸が熱くなっちゃいました。

今まで 次男君、そしてそよ風さん よく頑張ったね。
その結果 いい人が現れて 力になってくれる。
心強いね。

これからは 次男君の気持ちを癒しながら
でっかい壁をぶち壊してください。

何もできない私だけど 次男君の回復祈ってます。

そよ風さんも 体調管理しっかりと・・・ね!

No title

sachiko.tさん。
体調のすぐれない中、コメント本当にありがとうです☆

同じ環境であっても、子供一人一人の感じ方
考え方が違うように、学校へ行けなくなる理由は
それぞれ一つずつ全部違うのだと思います。

今の経験も私達親子にとって
「あれがあったからこそ、今があるんだね」
と言える様になると信じて
受け止めていくと決めています。

だから、せめてやりのこして後悔しない様
出来る事をやっていこうと思っています。

私も本当に又会いたいです(^^)


sachiko.tさんも辛い中、いつも見守ってくれて
本当に感謝しています。

そしてそれがあなたなのですよね☆

jubileeさん。
いつもありがとうございます。

いつもjubileeさんのブログを拝見してて
あなたが教師として教育現場にいてくださる事で
本当に私は希望を貰います。^^

学校には学校の立場や
私にはわからない、管理職の立場も
多々あると思います。

こちらの憶測や想像で動きたくはないです。
とことん話し合い、お互いをよく知った上で
前に進みたいと思います。
だって、教師や親という前に
同じ人間同士なのですものね☆

御家族、くれぐれもインフルエンザに
お気をつけてくださいね~!

ぽんた3号さん。
写真見てくれたのですね~(^▽^)
ありがとうです。

今回、一つの鍵を掛け違えた事から
私達親子には本当に大事件に
なってしまいました。

でも、本当にあなたの言う通り
最終的にいつも思うのは
「この子の笑顔をとりもどしてやりたい。」
それにつきるのです。

それが学校を離れることにになっても☆

今、自分でもまだこんなに力が残っているのかと
自分自身が驚いています。
やっぱり母は強しなのですかね~(^^)

こどものおかげで、私も強く
成長させて貰ってるのですね☆

cyacyaさん。
私こそ、御無沙汰してしまって申し訳ないです。(><)
そしてありがとう!

今までも、現在も、私は本当に素敵な人達に
守って貰っていると思っています。
それに支えられて、毎日をすごしていけてると
実感します。

だから私ももっと人間力をつけて
大事な人達を支える手伝いが出来るような
自分に近づける事が私の夢です。

cyacyaさんも、お体を大事にしてくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。